まだほとんど収入がない主婦が「個人事業用のクレジットカード」を準備してみた

いま事業専用クレジットカードの必要性

経費が……確定申告が……と、いろいろな記事や本を読んでいて改めて思ったのが、「個人事業主としてやっていくなら、口座にしてもクレジットカードにしても『プライベート用』と『事業用』とで分けた方が良いんだなぁ」ということ。

どれがプライベートの出費で、どれが事業用の経費なのかが分かりやすくなり、通帳やカード明細が取引一覧表みたいになって便利なんだとか。あと、これは勝手な想像ですけど、プライベートの出費が混在していない方が万が一税務署に「これは本当に事業用の経費なのか?」云々の説明を求められた際に説得力が増しそうですしね。

今まで、生活費も経費も同じカード、同じ口座、同じアカウントでやってきたので「プライベート用と事業用を分ける」なんて面倒な気がしますが、それは今までほとんど収入がなかったからOKだっただけ。これからはしっかり分けて、各種手続きもスムーズにできるようにしたいと思います!

 

というわけで、クレジットカードを新規発行してみました。

ちなみに私が作ったのは、楽天カード。そうアレです、楽天カードマンのやつ(笑)私が事業会計用に使っているクラウド型会計ソフトfreeeに対応しているし(まぁfreeeはほとんどのカードに対応してますけど)、年会費無料だし(←重要)、何より数あるカードの中でも敷居が低くて、今の私でも作れそうなだと思ったので。

実際、今まで夫の家族カードを使って積み上げていた「実績」があったとはいえ、「収入: 0」「職業: 主婦」で申請したのに審査に通りましたよ~!

ちなみに、事業専用カードとはいえ、名義は屋号ではなく私個人です。このカードの支払い口座を、元々あった私名義の銀行口座に指定して、この組み合わせを「事業用」として運用することにしました。

 

で、ここからは別に事業とは関係ないんですが、個人的な楽天カードへの感想を。

楽天カードの良いところ・イマイチなところ

楽天カードを使ってみて意外と良いなと思ったのが、これ↓
楽天カード 速報

自分のクレジットカードが利用されると、登録しているメールアドレスに「カードが利用されましたよ!」という速報メールが届くんです。この速報の時点ではどのお店で使ったのかとかは分からないんですが、数日後にちゃんと店名入りの「売上情報メール」が届きます。

以前、クレジットカードがGoogle Playで不正利用されていたのにしばらく気が付かなかった経験がある私としては、結構嬉しいサービスなのです。
ただ楽天カードには、楽天グループお得意の(苦笑)ポイントばら撒きによる各種キャンペーンがたくさんあるので要注意ですね。何らかのキャンペーンに応募すると、もれなく怒涛のメルマガ攻撃に見舞われます。キャンペーンへの応募とリボルビング払いだけは避けておいたほうが無難です。そこを避けておけば、結構快適に使えますよ(^^)