三井住友セキュリティ事業部からの連絡で、「GOOGLE*SUPERCELL」からの不正請求が発覚

つい最近の記事でPayPalから不正請求っぽいものがあったけど結局不正請求じゃなかった、よかったーみたいなことを書きましたが、今回は本当に不正請求でしたorz

 

- 三井住友セキュリティ事業部からの電話

ある日、「06」から始まる見慣れぬ電話番号(→この番号)から電話がかかってきまして。応答してみると、「三井住友セキュリティ事業部の○○です」・・・確かに私は普段三井住友カードの提携カード(ちなみにANAカード)を使ってるけど、セキュリティ事業部の人から電話って・・・何かあったのか!?

話を聞いてみると、

    • 「GOOGLE*SUPERCELL」からの請求が続けて何度もありました。心当たりはありますか。→いいえ。
    • 不正請求ですね。返金処理しますよ→はい。
    • 今ご使用になっているカードも使用停止にして再発行したほうが良いと思います→そうですね。
    • では現在のカードは使用停止にします。10日程度で新しいカードが届きます→わかりました。

・・・あっという間にカード再発行になりました (゜Д゜)

電話を受けたときは外にいたので、帰宅してから三井住友VISAカード利用者専用のオンラインサービス・ブイパスにログインして確認してみると、 確かに利用明細に「GOOGLE*SUPERCELL」からの請求がずらっと・・・!(焦っててスクリーンショット撮り忘れた笑)

でもこの時にはすでに返金処理がされていて、約10日後には新しいカードも送られてきました。三井住友カードさんの迅速な対応に感動です。本当にありがとうございます!!

 

- “GOOGLE*SUPERCELL”って何なんだ

それにしても、こんなにアッサリと不正請求と認められる「GOOGLE*SUPERCELL」って何なのか??ちょっとネットで調べたら、多くの被害報告が出てくる出てくる・・・。どうやらGoogle Playで提供されているSUPERCELLという名のゲームアプリらしくて、誰かが、他人のクレジットカードの情報を使って、アプリ内で勝手に課金しているということみたいです。

ちなみに私は、そもそもGoogle Playのアカウント自体持ってません。持ってないはずなのに、その「誰か」が勝手に登録したわけですよね。そして課金したと。

腹 立 た し い (゜Д゜+)!!

で、この「GOOGLE*SUPERCELL」不正請求は、2013年の秋ごろから急増しているみたいです。

 

- で…どこからカード情報が漏れたのか?

今の時代、あっちのサイトもこっちのサイトも外部からの不正アクセスを受けて情報が流出しました~なんてニュースは珍しくないので、もしかしたら違うかも知れませんが、私の場合、原因はコレではないかと疑っています。

エクスコムグローバル 不正アクセスによるお客様情報流出に関するお知らせとお詫び

エクスコムグローバルは、「イモトのWiFi」もしくは「GLOBAL DATA」で知られる、海外で使えるモバイルWiFiルーターのレンタルサービスを提供しているところです。

確かに、以前ハワイに行ったときにここのモバイルWiFiルーターをレンタルしたことあるんですよね~。レンタルしたのは2年前で、その時の情報が不正アクセスで漏れたのではないか・・・と。

まぁこれ以上は素人にはわかりませんが、とりあえず三井住友セキュリティ事業部さんのおかげで実際に不正請求分を払わされることもなく、公共料金支払いの変更手続きが数件程度で済みました。改めてありがとうございました!!(´∀`*)

【Windows/Mac/Androidに対応したキヤノンのセキュリティソフト】

ESET パーソナル セキュリティ 2014 3年版