カテゴリー別アーカイブ: 02. カメラ

Adobe LightroomとPhotoshopでできることの違いは何? おすすめはどっち?

写真を撮り始めると、画像を管理・編集するソフトウェアにも興味が湧いてきますよねー。というわけで今日は、有名なAdobeのLightroomとPhotoshop、この2つのソフトウェアの違いを簡単に説明していきます!

LightroomとPhotoshopの違い

LightroomとPhotoshopの違いはたくさんありますが、簡単に言うと

Lightroom

  • たくさんの写真をテーマごとにまとめて管理できる
  • オリジナルの写真に写っていないものを付け加えたり、写っているものを消したり、写っているものの形や場所を変えたりすることは基本的にできない

Photoshop

  • 写真は基本的に1枚1ファイル。たくさんの写真をまとめて管理するのには向かない
  • オリジナルの写真に写っていないものを付け加えたり、写っているものを消したり、写っているものの形や場所を変えたりすることも簡単にできる

という感じです。

LightroomとPhotoshopの違い:実例

では、「オリジナルの写真に写っていないものを付け加えたり、写っているものを消したり」というのは具体的にどういうことなのか?ここでは実例を使って説明してみます。

まずはオリジナルの写真がこちら
original
これが未加工の状態です。

Lightroomでできること

そして、こちらがLightroomで加工したものです
adobe lightroom

  • オリジナルの写真を「回転」し、
  • 芽の部分だけを「トリミング」し、
  • 「彩度」を変えて色鮮やかにし、
  • 「色温度」を変えたりして、
  • 最後に右下の部分にこのブログのタイトル名「Nanoco SCHREIBT」を透かしで入れています。

この程度のことはLightroomで簡単にできます。

Photoshopでできること

Photoshopでは、画像の加工という点ではLightroomができることは全てできます。そしてそれ以上のことがたくさんできます。

というわけで、Photoshopで加工したものがこちら↓
adobe photoshop
分かりにくいかも知れないので、念のためオリジナルをもう一度おいておきます↓
original
Photoshopで加工したほうは、

  • 右上に写っている鉢が二重になり、
  • 鉢と芽の距離が近くなり、
  • さらに芽の左下部分にオリジナルにはなかった葉が増えています。

こういう、現実にはないものを作りだすという作業はPhotoshopの得意分野です(笑)。

なので例えば、アイドルのグラビア写真からムダ毛を消したり、肌荒れを整えたり、ウエストを細くしたり、なんてことができるのはPhotoshopの方です。

LightroomとPhotoshop、どちらを使えばいい?

  • Lightroomは、「オリジナルを生かした画像加工能力」があれば十分で、「たくさんの写真」を扱いたい人向け。
  • Photoshopは、「現実を歪めるほどの画像加工能力」を駆使して、「作品」をつくりたい人向け。

補足としては、

……どうしても購読型(「月々○○円」という料金体系)に抵抗があって、でもPhotoshopの画像処理能力にも興味があるという方は、Photoshopには機能が制限された廉価版のPhotoshop Elementsがありますので(Adobe Photoshop Elements 14 Windows/Macintosh版)そちらを試してみるのも良いかと思います。

  • Lightroomのパッケージ商品を買ってもPhotoshopは使えないが、Adobeのフォトグラフィ・プランをクラウドで購読するとPhotoshopとLightroomがどちらも使える

……フォトグラフィプランはひと月あたり980円の購読プランです。他のAdobe製品に比べるとだいぶお得なプランになってます。そしてAmazonなんかでは時々12ヵ月購読プラン(Adobe Creative Cloud フォトグラフィプラン(Photoshop+Lightroom) [2015年度版] 12か月版)にクーポンがついたりして、ひと月あたり800円程度になることもあります。私もそれを見つけたらすぐ購入してます(笑)

ちなみにこのフォトグラフィ・プランは、AdobeのIDを作ればAdobe公式サイトから30日間の無償体験版がダウンロードできます。

Adobe Creative Cloud フォトグラフィプラン 無償体験版ダウンロードページ

無償体験版を使っている間はソフトウェアを起動するたびに「有料版を買いませんか!!!」みたいなポップアップが出てきて正直ウザいですが(笑)、この時点ではクレジットカード番号の入力も要求されないので安心です。

というわけで、ぜひ!この2つの画像編集ソフト使ってみてください(^^)写真ライフが楽しくなりますよ~。

 

参考リンク
Adobe公式ストア

【一眼デジカメ初心者】 SONY Eマウントのマクロレンズ・SEL30M35で初撮影!

数年前にSONYの一眼ミラーレスカメラ・NEX-5Rを買って以来、ずっとキットレンズ(それも標準ズームレンズ1本)だけを使用してきたんですが、この度ついに初めての交換レンズを買いました!

それがこれ↓

SONY 単焦点マクロレンズ E 30mm F3.5 Macro

単焦点のマクロレンズです。今までキットレンズで色々撮影してきて、一番不満に思っていたのが「接写」だったので、初めての交換レンズは「接写」に強いマクロレンズを!とだいぶ前から思っていたんです。

というわけで、早速試し撮りを……

インク: PILOT 色彩雫 朝顔 万年筆: PILOT レガンス89s 細字 紙: LIFE NOBLE MEMO SECTION
インク: PILOT 色彩雫 朝顔
万年筆: PILOT レガンス89s 細字
紙: LIFE NOBLE MEMO SECTION

↑まずは5mm方眼の紙に書いた文字を撮影。まだ乾いていないインクに光が反射しているのが見えますねぇ。

うーむ、それにしてもピント合わせが難しい……接写が得意なマクロレンズと言えども寄りすぎは注意ですね(^^;)

インク: PILOT 色彩雫 朝顔 万年筆: PILOT レガンス89s 細字 紙: LIFE NOBLE MEMO SECTION
インク: PILOT 色彩雫 朝顔
万年筆: PILOT レガンス89s 細字
紙: LIFE NOBLE MEMO SECTION

↑これがインクが乾いたところ。インクのフローが良かったところがギラついているようにも見える……?

SEIKO INSTRUMENTS SR-G9003
SEIKO INSTRUMENTS
SR-G9003

↑こちらは電子辞書のキーボード。寄りすぎると、ほ、埃が写っちゃう……(汗)

と、こんな感じでまずは机にあるもので簡単に試し撮りをしてみて感じたのは、今までのキットレンズと違ってこのマクロレンズでは

 

焦点を合わせるときに液晶画面がグワングワンってなるからジーッと見てると酔う

 

ってことですかね(笑) 車酔いとかもしやすい体質なんで……(^^;)

まぁそのへんは上手く対応していきつつ、これからもっと色んな写真を撮ってみようと思います♪

 

◆ちなみにこちらは私が持っているカメラの後継機↓

SONY ミラーレス一眼 α6000 パワーズームレンズキット E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS付属 ブラック ILCE-6000L-B