Amazonで予約注文していたジブン手帳2016が届きました!!

ついに来たー(゜∀゜*)

jibuntecho-2016c
ジブン手帳2016年版のDIARYです!!

※DIARY本体とビニールカバーの間に入っている白い紙は外しています。ちなみにその白い紙を入れた状態だと「2016」の文字やしおりがついている部分は隠れます。

 

毎年、新品のDIARYを手にすると

「こんなに薄っぺらかったっけ……?」

と疑問に思ってしまいます(笑)

それだけ、1年の間に(というか今年はまだ9か月目に入ったばかりですが)この手帳に色々と書き込み、あれこれと貼りつけていってるってことですよね~。

というわけで、来年もお世話になりますよー、ジブン手帳さん!!

 

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

Adobe LightroomとPhotoshopでできることの違いは何? おすすめはどっち?

写真を撮り始めると、画像を管理・編集するソフトウェアにも興味が湧いてきますよねー。というわけで今日は、有名なAdobeのLightroomとPhotoshop、この2つのソフトウェアの違いを簡単に説明していきます!

LightroomとPhotoshopの違い

LightroomとPhotoshopの違いはたくさんありますが、簡単に言うと

Lightroom

  • たくさんの写真をテーマごとにまとめて管理できる
  • オリジナルの写真に写っていないものを付け加えたり、写っているものを消したり、写っているものの形や場所を変えたりすることは基本的にできない

Photoshop

  • 写真は基本的に1枚1ファイル。たくさんの写真をまとめて管理するのには向かない
  • オリジナルの写真に写っていないものを付け加えたり、写っているものを消したり、写っているものの形や場所を変えたりすることも簡単にできる

という感じです。

LightroomとPhotoshopの違い:実例

では、「オリジナルの写真に写っていないものを付け加えたり、写っているものを消したり」というのは具体的にどういうことなのか?ここでは実例を使って説明してみます。

まずはオリジナルの写真がこちら
original
これが未加工の状態です。

Lightroomでできること

そして、こちらがLightroomで加工したものです
adobe lightroom

  • オリジナルの写真を「回転」し、
  • 芽の部分だけを「トリミング」し、
  • 「彩度」を変えて色鮮やかにし、
  • 「色温度」を変えたりして、
  • 最後に右下の部分にこのブログのタイトル名「Nanoco SCHREIBT」を透かしで入れています。

この程度のことはLightroomで簡単にできます。

Photoshopでできること

Photoshopでは、画像の加工という点ではLightroomができることは全てできます。そしてそれ以上のことがたくさんできます。

というわけで、Photoshopで加工したものがこちら↓
adobe photoshop
分かりにくいかも知れないので、念のためオリジナルをもう一度おいておきます↓
original
Photoshopで加工したほうは、

  • 右上に写っている鉢が二重になり、
  • 鉢と芽の距離が近くなり、
  • さらに芽の左下部分にオリジナルにはなかった葉が増えています。

こういう、現実にはないものを作りだすという作業はPhotoshopの得意分野です(笑)。

なので例えば、アイドルのグラビア写真からムダ毛を消したり、肌荒れを整えたり、ウエストを細くしたり、なんてことができるのはPhotoshopの方です。

LightroomとPhotoshop、どちらを使えばいい?

  • Lightroomは、「オリジナルを生かした画像加工能力」があれば十分で、「たくさんの写真」を扱いたい人向け。
  • Photoshopは、「現実を歪めるほどの画像加工能力」を駆使して、「作品」をつくりたい人向け。

補足としては、

……どうしても購読型(「月々○○円」という料金体系)に抵抗があって、でもPhotoshopの画像処理能力にも興味があるという方は、Photoshopには機能が制限された廉価版のPhotoshop Elementsがありますので(Adobe Photoshop Elements 14 Windows/Macintosh版)そちらを試してみるのも良いかと思います。

  • Lightroomのパッケージ商品を買ってもPhotoshopは使えないが、Adobeのフォトグラフィ・プランをクラウドで購読するとPhotoshopとLightroomがどちらも使える

……フォトグラフィプランはひと月あたり980円の購読プランです。他のAdobe製品に比べるとだいぶお得なプランになってます。そしてAmazonなんかでは時々12ヵ月購読プラン(Adobe Creative Cloud フォトグラフィプラン(Photoshop+Lightroom) [2015年度版] 12か月版)にクーポンがついたりして、ひと月あたり800円程度になることもあります。私もそれを見つけたらすぐ購入してます(笑)

ちなみにこのフォトグラフィ・プランは、AdobeのIDを作ればAdobe公式サイトから30日間の無償体験版がダウンロードできます。

Adobe Creative Cloud フォトグラフィプラン 無償体験版ダウンロードページ

無償体験版を使っている間はソフトウェアを起動するたびに「有料版を買いませんか!!!」みたいなポップアップが出てきて正直ウザいですが(笑)、この時点ではクレジットカード番号の入力も要求されないので安心です。

というわけで、ぜひ!この2つの画像編集ソフト使ってみてください(^^)写真ライフが楽しくなりますよ~。

 

参考リンク
Adobe公式ストア

ジブン手帳2016(スタンダード・mini)に、Amazon限定版やカジュアルキットなるものが追加されていた!

ついにAmazon販売・Amazon発送のジブン手帳2016の予約が始まりましたね!! 私も早速予約を入れたわけですが、よくよく見てみると、Amazonではコクヨ公式サイトのラインナップのページにはなかった限定版とかも販売されるみたいなんですよね(゜∀゜)!!

例えば……。

↓こちらはジブン手帳miniのAmazon.co.jp限定版。通常の手帳のグレーカバータイプに、限定カバーがついてきます。
【Amazon.co.jp 限定】 コクヨ ジブン手帳 mini 2016年 ファーストキット 11月始まり B6スリム ブラック ニ-JFMA1D-16
【Amazon.co.jp 限定】 コクヨ ジブン手帳 mini 2016年 ファーストキット 11月始まり B6スリム ブラック ニ-JFMA1D-16

 

↓そして、こちらはジブン手帳miniの「カジュアルキット」というもの。DIARYとIDEAのセットらしいです。LIFEがないんですね。
コクヨ ジブン手帳 mini 2016年 カジュアルキット 11月始まり B6スリム ブルー
コクヨ ジブン手帳 mini 2016年 カジュアルキット 11月始まり B6スリム ブルー ニ-JRM1B-16

ここで挙げたのは2つともジブン手帳miniですが、スタンダードタイプにも限定品やカジュアルキットがあります。そしてそれぞれに何種類かのカラーバリエーションがあります。

↓こんなのとか

↓こんなのとか……。

私は今とりえあず一番ベーシックな白のDIARYのみのタイプを予約してるんですが、水玉模様のやつちょっと欲しいな、とか思ったり……。

水玉模様はminiだけっぽい?ので、白のスタンダードと水玉のminiの両方を買っちゃおうかな、とか思ったり……。

あ~悩ましい~~!!

悩ましいけど、でも!!

今の時期の、来年の手帳について色々悩んじゃう感じは大好き!! 文房具バンザイ!! あ~幸せ!!!!

文房具、一眼ミラーレス、ネットショッピング、個人事業主としての学習など