Adobe LightroomとPhotoshopでできることの違いは何? おすすめはどっち?

写真を撮り始めると、画像を管理・編集するソフトウェアにも興味が湧いてきますよねー。というわけで今日は、有名なAdobeのLightroomとPhotoshop、この2つのソフトウェアの違いを簡単に説明していきます!

LightroomとPhotoshopの基本的な違い

LightroomとPhotoshopの違いはたくさんありますが、簡単に言うと

Lightroom

◆得意なこと
  • 写真に「写っているもの」の明るさや色調などの調整
  • たくさんの写真をテーマごとにまとめて管理
◆不得意なこと
  • 写真に写っていないものを付け加えること
  • 写っているものを消すこと
  • 他の写真との合成
◆こんなときに便利!
  • 暗くなってしまった写真を明るくしたい
  • 斜めになってしまった写真の向きを変えたい
  • 草の「緑」や空の「青」などを鮮やかにしたい ……など

Photoshop

◆得意なこと
  • オリジナルの写真に写っていない文字などを書き加えること
  • 写ってしまったが邪魔なものを消すこと
  • 他の写真と合成すること
◆不得意なこと
  • たくさんの写真をまとめて管理すること
◆こんな時に便利!
  • 写真の顔のシミ・そばかすなどを消したい
  • 違う背景の写真と合成したい
  • 写真に文字を入れたり、イラストを描いたりしたい  ……など

という感じです。


LightroomとPhotoshopの違い:実例

では、「オリジナルの写真に写っていないものを付け加えたり、写っているものを消したり」というのは具体的にどういうことなのか?ここでは実例を使って説明してみます。

まずはオリジナルの写真がこちら
original
これが未加工の状態です。

Lightroomでできること

そして、こちらがLightroomで加工したものです
adobe lightroom

  • オリジナルの写真を「回転」し、
  • 芽の部分だけを「トリミング」し、
  • 緑の「彩度」を変えて色鮮やかにし、
  • 「色温度」を変えたりして、
  • 最後に右下の部分にこのブログのタイトル名「Nanoco SCHREIBT」を透かしで入れています。

この程度のことはLightroomで簡単にできます。

Photoshopでできること

Photoshopでは、画像の加工という点ではLightroomができることは全てできます。写真の回転もトリミングも可能です。そしてそれ以上のことがたくさんできます。

というわけで、Photoshopで加工したものがこちら↓
adobe photoshop
分かりにくいと思うので、念のためオリジナルをもう一度おいておきます↓
original
Photoshopで加工したほう(上)は、

  • 右上に写っている鉢が二重になり、
  • 鉢と芽の距離が近くなり、
  • さらに芽の左下部分にオリジナルにはなかった葉が増えています。

こういう、現実にはないものを作りだすという作業はPhotoshopの得意分野です。

なので例えば、アイドルのグラビア写真からムダ毛を消したり、肌荒れを整えたり、ウエストを細くしたり、なんてことができるのはPhotoshopの方です。


LightroomとPhotoshop、どちらを使えばいい?

  • Lightroomは、「オリジナルを生かした画像加工能力」があれば十分で、「たくさんの写真」を扱いたい人向け。
  • Photoshopは、「現実を歪めるほどの画像加工能力」を駆使して、「作品」をつくりたい人向け。

どちらも、AdobeのIDを作ればAdobe公式サイトから30日間の無償体験版がダウンロードできます。

Adobe Creative Cloud フォトプラン 無償体験版ダウンロードページ

そして、購読型のAdobe Creative Cloud フォトプランを使えば結局LightroomもPhotoshopもどちらも使えるようになります。

 

フォトプランはひと月あたり980円の購読プランで、他のAdobe製品に比べるとだいぶお得なプランになってます。さらにAmazonなんかでは時々12ヵ月購読プラン(→Adobe Creative Cloud フォトプラン)にクーポンがついたりして、ひと月あたり800円程度になることもあります。私もそれを見つけたらすぐ購入しています(笑)

無償体験版を使っている間はソフトウェアを起動するたびに「有料版を買いませんか!!!」みたいなポップアップが出てきて正直ウザいですが(笑)、この時点ではクレジットカード番号の入力も要求されないので安心です。

 

もし、どうしても購読型(「月々○○円」という料金体系)に抵抗があって、でもPhotoshopの画像処理能力にも興味があるという方は、Photoshopには機能が制限された廉価版のPhotoshop Elementsがありますので(Adobe Photoshop Elements 2018 日本語版 Windows/Macintosh版)そちらを試してみるのも良いですね。

というわけで、ぜひ!この2つの画像編集ソフト使ってみてください(^^)写真ライフが楽しくなりますよ~。

 

参考リンク
Adobe公式ストア

【Surface Laptopレビュー(2) 】ディスプレイの映り込み、USB端子の数、SDカードスロット【必要なアクセサリは?】

今回はSurface Laptopの特長と、それに合わせて私が買ったものを挙げていきます。

Surface Laptopのディスプレイは映り込みが激しい!

Surface Laptopのディスプレイはピカピカで、そのままでは激しい映り込みがあります。あまりに光の反射が強くて目が疲れるので、私はすぐに反射防止フィルムを購入しました。

エレコム Surface Laptop 保護フィルム 高精細/防指紋/反射防止

これにより、映り込みはかなり軽減!タッチ操作も問題なくできています。

Bluetooth 4.0対応のマウスがあったほうが良い

Surface Laptopは、有線マウスの使用を全く想定してないようです(笑)まず、USB端子が一つしかないので、そこにマウスを接続してしまうと他のものが何もつけられません。

さらに、USB端子が本体の左側にあるので、右利きの人が有線マウスを使おうとすると、コードを左から出して、後ろを通して、右に持ってくることになります。これがなかなかに邪魔くさい。

というわけで、今まで有線マウスを使っていた私は、今回マウスも新調することに。


マイクロソフト マウス Bluetooth対応/ワイヤレス/小型 ブラック Bluetooth Mobile Mouse 3600 PN7-00007

Microsoft Keyboard and Mouse Center というソフトウェアを使うと、真ん中のホイールボタンに任意のコマンドを設定できるので便利です!アプリケーションごとに違う操作を指定できますし、マクロも使えます。特定のプログラムやファイルを開くことも可能です。

SDカードを使うならカードリーダーが別途必要

Surface Laptopは、SDカードリーダーも非搭載。なのでこちらを買いました。

Anker USB 3.0 SD/TFカードリーダー SD-XC/SD、Micro SD、Mini SDなどに対応【18ヶ月保証】

デジカメで使われるSDカード用と、スマホなどで使われるmicroSDカードの用の2つのスロットがついています。個人的には、microSDをアダプタ無しで読み込めるのがとても良い!前PCにはSDカードスロットがついていましたが、microSDを使う時はいちいちアダプタを使わなければいけないのが面倒だったので……。

 


と、ここまではすでに買いました。あと、迷っているのは外付けドライブ。

Pioneer パイオニア Win & Mac対応 BDXL対応 USB3.0 クラムシェル型ポータブルブルーレイドライブ ブラック BDR-AD07BK

このへんかなぁ……Blu-rayに書き込みしたいんですよね。買ったらまたコメント書きます!

【Surface Laptopレビュー(1)】Windows 10 Sから10 Proに切り替えできない!?【Windows Update】

Microsoftのノート型パソコン、Surface Laptopを買いました!今は快適に使えています……が、開封から2日間はトラブル続きで、イライラしっぱなしで(苦笑)。どうやって解決したかも含めて、ここに書き記しておこうと思います。

Windows 10 Proに切り替えるための画面が出ない、出てもすぐに消える……

Surface LaptopのOSは、Windows 10 SというWindows 10 Proの機能制限版。でも、2018/3/31までなら無料でWindows 10 Proにアップグレードできます。それ以降も、有料にはなりますが簡単にアップグレードできます。

……の、はずだったんです。が!

開封して最初のセットアップ(言語や地域の設定など)を済ませた後すぐにOSの切り替えをしようとするも、まったく出来ない!マイクロソフトの公式サイトには

と書いてありますが、まず、ストアアプリを開いても何も起こらない。仕方なく「設定」からストアアプリを開くと一応OS切り替えの案内画面が表示されたものの僅か1、2秒で消え、同時にストアアプリも強制終了されてしまいました。

さらに、もう一度「設定」から試してみると今度は切り替えの案内画面すら出ずにストアアプリが落ちる始末……。

その後は何度試しても同じことの繰り返しで、まったく前に進みませんでした。

Windows 10 Proに切り替えできない原因は、Windows Update/Fall Creators Update

結論を言うと、私のSurface LaptopがWindows 10 Sから10 Proに切り替えできなかった原因は、Windows Updateのインストールがうまくいってなかったからでした。

最初のセットアップをした時から自動的にWindows Updateのダウンロードやインストールは始まっていて、必要に応じて再起動したりもしてたんですよ。しかし、何度やっても正しくインストールされないアップデートが2つあったんですよね。

しかもそのうちの1つは、Windows 10 Fall Creators Updateという大型アップデート。

ちなみに私がSurface Laptopを購入したのは2018年の2月で、Fall Creators Updateがリリースされたのは2017年10月17日。4ヶ月前にリリースされたWindows Updateなんか、インストールしてから出荷してくれよー!って感じでした、ホントに!

言語設定を英語に変更したらインストールできた!

で、とにかくこのアップデートを終わらせないといけないので、色々試した結果、うまく行ったのは「言語設定を英語に変更する」でした。

言語設定を英語に変えた途端、Windows Updateはすべて正常にインストールされ、ストアアプリを開くとWindows 10 Sから10 Proへの切り替え案内がちゃんと表示されて、ものの数分でOSの切り替えは完了。その後で言語設定を日本語に直しましたが問題なく動作しています。

Windows 10 Proに切り替えられて、ようやく他ソフトウェアのインストールが可能に

Windows 10 Sはマイクロソフトの公式アプリストアで購入したソフトウェアしかインストールできないという制限があるんですよね。でもそれだと、私の場合はまず手持ちのウイルススキャンソフトや画像編集ソフトが使えなくて。

だから購入後はすぐに10 Proに切り替えようと思っていたわけですが、まさか切り替え完了までに2日もかかってしまうとは……まったく、予想外でした(苦笑)

文房具、一眼ミラーレス、ネットショッピング、個人事業主としての学習など