【Surface Laptopレビュー(1)】Windows 10 Sから10 Proに切り替えできない!?【Windows Update】

Microsoftのノート型パソコン、Surface Laptopを買いました!今は快適に使えています……が、開封から2日間はトラブル続きで、イライラしっぱなしで(苦笑)。どうやって解決したかも含めて、ここに書き記しておこうと思います。

Windows 10 Proに切り替えるための画面が出ない、出てもすぐに消える……

Surface LaptopのOSは、Windows 10 SというWindows 10 Proの機能制限版。でも、2018/3/31までなら無料でWindows 10 Proにアップグレードできます。それ以降も、有料にはなりますが簡単にアップグレードできます。

……の、はずだったんです。が!

開封して最初のセットアップ(言語や地域の設定など)を済ませた後すぐにOSの切り替えをしようとするも、まったく出来ない!マイクロソフトの公式サイトには

と書いてありますが、まず、ストアアプリを開いても何も起こらない。仕方なく「設定」からストアアプリを開くと一応OS切り替えの案内画面が表示されたものの僅か1、2秒で消え、同時にストアアプリも強制終了されてしまいました。

さらに、もう一度「設定」から試してみると今度は切り替えの案内画面すら出ずにストアアプリが落ちる始末……。

その後は何度試しても同じことの繰り返しで、まったく前に進みませんでした。

Windows 10 Proに切り替えできない原因は、Windows Update/Fall Creators Update

結論を言うと、私のSurface LaptopがWindows 10 Sから10 Proに切り替えできなかった原因は、Windows Updateのインストールがうまくいってなかったからでした。

最初のセットアップをした時から自動的にWindows Updateのダウンロードやインストールは始まっていて、必要に応じて再起動したりもしてたんですよ。しかし、何度やっても正しくインストールされないアップデートが2つあったんですよね。

しかもそのうちの1つは、Windows 10 Fall Creators Updateという大型アップデート。

ちなみに私がSurface Laptopを購入したのは2018年の2月で、Fall Creators Updateがリリースされたのは2017年10月17日。4ヶ月前にリリースされたWindows Updateなんか、インストールしてから出荷してくれよー!って感じでした、ホントに!

言語設定を英語に変更したらインストールできた!

で、とにかくこのアップデートを終わらせないといけないので、色々試した結果、うまく行ったのは「言語設定を英語に変更する」でした。

言語設定を英語に変えた途端、Windows Updateはすべて正常にインストールされ、ストアアプリを開くとWindows 10 Sから10 Proへの切り替え案内がちゃんと表示されて、ものの数分でOSの切り替えは完了。その後で言語設定を日本語に直しましたが問題なく動作しています。

Windows 10 Proに切り替えられて、ようやく他ソフトウェアのインストールが可能に

Windows 10 Sはマイクロソフトの公式アプリストアで購入したソフトウェアしかインストールできないという制限があるんですよね。でもそれだと、私の場合はまず手持ちのウイルススキャンソフトや画像編集ソフトが使えなくて。

だから購入後はすぐに10 Proに切り替えようと思っていたわけですが、まさか切り替え完了までに2日もかかってしまうとは……まったく、予想外でした(苦笑)